土曜日にエヴァートンと2-2で引き分けた試合のなかで負ったひざの怪我のため、フィルジル・ファンダイク選手は手術を受けることが明らかになった。

ファンダイク選手は、グディソン・パークでの行われた試合の前半6分に相手GKのジョーダン・ピックフォード選手と交錯し、ひざの靭帯を負傷していた。

この怪我により彼は負傷退場を強いられ、のちの検査にて手術が必要だということが明らかになった。

現時点では、具体的な復帰の時期は分かっていない。

術後、同選手はクラブのメディカルチームとともにリハビリのプログラムに取り組む予定であり、できる限り早い時期での復帰を目指す。