リヴァプールは、日曜日のウェスト・ハム・ユナイテッド戦で6人の選手を欠くことになるが、ファビーニョ選手とチアゴ・アルカンタラ選手は出場可能のようだ。

ミッドウィークのアトレティコ・マドリード戦に勝利した際にハムストリングを痛めたロベルト・フィルミーノ選手は、負傷しているカーティス・ジョンズ選手(目)、ジョー・ゴメス選手(ふくらはぎ)、ナビ・ケイタ選手ジェームズ・ミルナー選手(両者ともハムストリング)に加え、長期離脱しているハーヴェイ・エリオット選手(足首)と一緒に離脱している。

「ボビーはハムストリングを痛めているというニュースは本当に残念だ。どのくらいの期間休むことになるかは正確に分からないが、今ではなく、インターナショナルブレイクを終えた後になるだろう。我々はそれに向かって準備しなくてはならない」と、リヴァプールの監督は金曜日にLiverpoolfc.comに語った。

「カーティスは全く違う話で、彼はトレーニング中の不運で指で目を傷つけてしまった。僕のキャリアでは選手の怪我が多く、それは関係なかった。彼は復帰段階だが、具体的にどれくらいの期間が必要なのか見てみる必要がある」

「彼はインターナショナルブレーク後に必ず戻ってくるだろう。しかし、インターナショナルブレークでは、彼がいつしっかりとしたトレーニングを始められるのか見極める必要がある」

「ジョーも出来ればインターナショナルブレーク後に復帰できるかもしれない」

ケイタ選手とミルナー選手についても、監督は次のように述べている。「様子を見る必要がある。彼らについては、インターナショナルブレーク後に期待しているが、正確には分からない」

「待つしかない。2週間と数日後に復帰できることが本当の願いだが、それを約束することは出来ない。でもそれが我々の仕事だ」

ファビーニョ選手とチアゴ選手はアトレティコ戦で復帰しており、ロンドン・スタジアムでの試合に出場することが期待されている。

「非常に重要なことだよ。ファビははっきりしていた。それほど長く離脱していたわけではないからね。彼はプレーできるよ。60分間プレーしていたからね」と、クロップ監督は述べた。

「チアゴと交代したことは、まさに正しい選択だったと思う。これで2人とも前進し、良い感じだよ」

キャプテンのジョーダン・ヘンダーソン選手は、首都で行われる試合に出場すれば、プレミアリーグ時代にリヴァプールで300試合出場を達成した4人目の選手となる。

一方ハマーズは、ヨーロッパリーグのゲンク戦を欠場したアンドリー・ヤルモレンコ選手ニコラ・ヴラシッチ選手の状態を見極める必要がある。

デイヴィッド・モイーズ監督はメディアに次のように語った。「アンドリー・ヤルモレンコとニコラ・ヴラシッチは、ゲンクに行く前に少し怪我をした。彼らの様子を見る必要があるだろう」

「我々はちょうど今戻ってきて、調整している。リヴァプールとの試合に向けて急ピッチで準備しているので、全員が問題ないことを祈っているよ」

「通常の試合があるので、今、我々はテストされている。ミッドウィークに数名の選手を軽症で失ったが、深刻なものではないよ。それによって少し制限されたが、このようなものはよく起こりうるものだよ」

「現在、我々はかなり強力なチームを持っていて、加入した選手たちは、素晴らしい仕事をしている。現在のたくさんの試合を見れば分かると思うが、みんな良い仕事をしていて良いプレーをしている」

前節

ゲンク 2-2 ウェスト・ハム(11月4日):アレオラ、ツォウファル、ドーソン、ディオプ、クレスウェル、ノーブル、ライス、ベンラーマ、ランシーニ、マスアク、アントニオ

リヴァプール 2-0 アトレティコ・マドリード(11月3日):アリソン、アレクサンダー=アーノルド、マティプ、ファンダイク、ツィミカス、ファビーニョ、ヘンダーソン、オックスレイド=チェンバレン、マネ、サラー、ジョッタ