ユルゲン・クロップ監督は、リヴァプールが日曜日に行われたブレントフォード戦で3-0の勝利を収めたことについて「とてもハッピー」であると語った。

アンフィールドでファビーニョ選手、アレックス・オクスレイド=チェンバレン選手、南野拓実選手がゴールを決め、レッズはプレミアリーグの順位を2位まで上げた。

ハーフタイム直前にファビーニョ選手が得点を決め、オクスレイド=チェンバレン選手とバースデイボーイの南野拓実選手が後半に追加点を決めた。

試合後のクロップ監督の記者会見のコメントはこちら...

27歳の誕生日を迎えた南野選手のパフォーマンスについて...

今日は、それぞれの言語でのバースデーソングで始まり、とても素敵な一日だった。なので、タキは試合前にすでに素敵な曲で気持ちが高まっていたのは明らかだ。その一方で、試合に出場し、素晴らしいゴールを決めたことは、彼にとっても我々にとっても大きな意味があった。非常に重要だよ。なんというか、タキは良い状態だから、とても助かった。

怪我から復帰した南野選手について

それは少し前のことだ。もちろん、ケガでリズムが乱れたり、そういうことはあるよ。この前の試合では90分プレーして、今日は途中出場して、あのリズムは彼に合っていた。木曜日から日曜日までしか間隔が空いておらず、ケガから復帰した後はなかなか大変なので、今日は先発ではなかったんだ。良いことだよ。なんて言ったって、彼は今、良い状態なんだから。

試合終了後の彼の力強いセレブレーションは、安堵によるものなのか、それとも木曜日のアーセナルとのカラバオ・カップ戦に向けて重要な結果だと考えているからなのか

どっちもだよ。そこで差をつけないといけないのかい?ブレントフォードの我々に対するプレーの仕方にとても苦戦した。ホームのチームとして、試合に勝ちたい、勝たなければならないのであれば、試合をコントロールしたいものだ。この試合をコントロールするのは特に難しい。今日はボールが20分ほど空中にあるような感じで、ヘディング、ヘディング、ヘディング、ヘディングという状況が多かったからね。なので、このような状況に打ち勝つという欲望に満ち溢れる必要がある。ボールを落ちつかして、そこからプレーしなければならないので、本当にトリッキーで、だからこそ、とてもうれしいよ。

ブレントフォード戦は、本当にタフな試合になることは事前に分かっていた。実際にタフな試合だったし、だから上手くいったことがとても嬉しい。ハーフタイムには、前半にうまくいった3つのシチュエーションを選手たちに見せた。もっと多かったと思うが、本当に自分たちのプレーができた3つの場面を見せた。我々はセットプレーからのゴールも決めた。アーセナル戦のセットプレーは本当にひどかったので、これは絶対に助かった。今日はとても良かったので、これからも続けていくべきだ。とても助かったよ。後半、相手がリスクを冒した時間帯を除けば、我々はそれに適応するのに少し時間がかかりすぎたと思う。彼らにチャンスが訪れたとき、我々は再びゲームに適応しコントロールすることができた。そして、本当に素晴らしいゴールを決めて、非常に嬉しいよ。

この勝利で自信をつけ、木曜日に向けて「チームに目標がある」ことを示したことについて...

それについては驚かないが、間違いなく勝つことは自信につながる。自信の面で苦労したとは思わない。周りで何が起こっているのかなど、公共の騒音はかなりカットできている。アーセナルに対して、何が上手くいかなかったのかは分かっていたが、外部の人たちがその時々にどう判断するのか。そのため、何人かのワールドクラスの選手がここにいないのは明らかだ。それがわかっているから、そのようなものを読まなくても自分たちでできる。そして、それを実行したんだよ。

タイトル争いで「疑う者を信じる者に変える」必要があるかどうか......

そうだね、でもこういうことをするのであれば、人前ではしないよ。なので、外の人を説得してまで信じる必要はないんだ。信じようと思えば、信じられるものだ。人々は我々と一緒に、楽しみながら、できる限りのことをしようと思っているのだと思う。これは明らかにタイトルマッチについて話す状況ではない。今、何ポイント空いているのかよくわからないが、11ポイント、1ゲーム差?普通の世界では、もう何も起こらない。しかし、普通とは何だろう?我々は自分の役割を果たそうとする。それ以外は、何もすることができないよ。