ユルゲン・クロップ監督は、リヴァプールがベンフィカと対戦するチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグに向け、フル装備のメンバーを揃えた。

監督は月曜日に、週末のワトフォード戦(2-0)を欠場したナビ・ケイタ選手が、トレント・アレクサンダー=アーノルド選手、カーティス・ジョーンズ選手、ジョエル・マティプ選手とともに、火曜日のエスタディオ・ダ・ルスでの試合に出場できることを確認した。

アレクサンダー=アーノルド選手は、ハムストリングの負傷により、土曜日のレッズがプレミアリーグ10連勝した試合に出場しなかった。一方、ジョーンズ選手とマティプ選手は、ホーネッツ戦でそれぞれ軽傷だった。

クロップ監督は次のように語った。「そうだ、フルメンバーが揃っている」

「カーティスは少し腫れていただけで、一晩で消えて元気になった。ジョエルも同じで、本当に奇妙に見えたので助かった。トレントも4、5日前からトレーニングをしていて、正確にはわからないが、準備はできている」

ディオゴ・ジョッタ選手とサディオ・マネ選手は、ポルトガルで警告を受けた場合、セカンドレグは出場停止となる。

一方ベンフィカは、ロドリゴ・ピーニョ選手とルーカス・ベリッシモ選手が長期離脱しているが、ストライカーのハリス セフェロヴィッチ選手は、金曜日にブラガに3-2で敗れた試合に途中出場しケガから復帰している。

一方、ニコラス・オタメンディ選手、ユリアン・ヴァイグル選手、ラファ・シルバ選手を含む7人の選手は累積警告の影響で、アンフィールドでの試合を欠場する可能性がある。

前節

ブラガ 3-2 ベンフィカ(4月1日):ヴラホディモス、ジウベルト、オタメンディ、ヴェルトンゲン、グリマルド、ヴァイグル、メイテ、ラモス、エヴァートン、シルバ、ヤレムチュ

リヴァプール 2-0 ワトフォード (4月2日):アリソン、ゴメス、マティプ、ファンダイク、ロバートソン、ヘンダーソン、ジョーンズ 、チアゴ 、サラー 、ジョッタ、フィルミーノ